化粧水はたっぷりと使って保湿する

基礎化粧品の役割について

基礎化粧品には様々な種類のものがありますが、それぞれスキンケアにおける役割が異なります。肌の水分量をアップさせるために使うのが化粧水で、角質を柔らかくさせたり水分保持力を高めたりする働きを担うのが乳液です。エッセンスやアンプルは悩みに応じたスペシャルケアをするためのもので、パックは美容成分を角質層の奥深くまでじっくりと浸透させるためのものです。基礎化粧品尾中でも最も重要な役割を果たすものと言えば、肌の水分量を増やすための化粧水です。化粧水選びにおいてこだわりたいポイントは、保湿力と浸透力です。コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分の配合量が多い化粧水でも、浸透力が高くないと角質層まで潤いが到達せず無意味になってしまいます。

化粧水はケチらずたっぷり使う

化粧水を肌に馴染ませる際のポイントは、使う量をケチらないことです。たっぷりと使って皮膚の表面と内側の両方を潤いで満たしましょう。高価な化粧水だと勿体ないという気持ちが働いてケチってしまいがちですが、ケチってしまってはきちんとした保湿効果を実感できません。高価な化粧水を少量使うよりも、プチプラの化粧水をたっぷり使う方が高い保湿効果が期待できます。 化粧水の潤いを確実に角質層まで行きわたらせるための方法についてですが、ハンドプレスで二度づけする、シートマスクやコットンに化粧水をたくさんしみ込ませてパックをする、化粧水を馴染ませる前に導入美容液を使い角質を柔らかくしておくなどがあります。ただつけるのではなく、浸透させることを意識しましょう。