泡で顔全体を優しく洗う

スキンケアの基本は洗顔

導入美容液で化粧水の浸透力を高めたりパックや美容液で肌悩みにアプローチしたりなど、スキンケアにおいてこだわりたいステップはたくさんありますが、最もこだわるべきなのは洗顔です。スキンケアは洗顔に始まり洗顔に終わります。メイク汚れが残っているとその後に使用するスキンケアアイテムの効果が弱まってしまいますし、毛穴に皮脂汚れが詰まっているとアクネ菌が増殖してニキビが出来やすくなります。自分の肌質や肌悩みにぴったり合った洗顔料やクレンジングを使って、汚れを徹底的に取り除きましょう。毛穴の汚れを吸引するためのイオン導出美顔器、古い角質をオフするためのピーリングジェルなどを使うと、普通の洗顔では落としきれない毛穴の奥の汚れもスッキリとオフすることが出来ます。

肌に負担をかけない優しい洗顔

メイク汚れや毛穴の皮脂汚れを落とそうとして、ゴシゴシ擦るのはNGです。ゴシゴシ擦ると、角質が傷ついてバリア機能が低下しターンオーバーが乱れてしまうからです。刺激を与えないように優しく包み込むように洗うのが鉄則です。洗顔において心がけるべきことについてですが、ぬるま湯を使用しすすぎを徹底する、しっかりと泡立てて泡の弾力を利用して洗う、洗顔後は優しくタオルドライしてすぐに保湿をするなどがあります。水だと皮脂やメイク汚れの油分が落ちにくく、お湯だと健康な素肌を維持するために必要な皮脂まで落としてしまうことになるので、冷たくも熱くもないぬるま湯を使うのが理想的です。泡タイプ以外の洗顔料を使う場合は、スポンジや泡立てネットを用いて、ボリュームのある濃密な泡を作ってから肌に馴染ませましょう。